INC長野ケーブルテレビ

地域とともに。チャンネルINC

日々の取り組み

INCながのニュースについて

長野市内の動きをより早く、よりわかりやすく。
最新のニュースから街のグルメ、知って得する生活情報まで。
長野市の皆様の暮らしのために、「市民の関心事」にこだわります。

放送時間
平日午後 6:00〜6:15
再放送
後7時
後8時
後9時
後10時
後11時
深0時

(ほぼ)毎日、取材しています!
(ほぼ)毎日、長野市を飛び回っています!

  • 小林 麻衣子
    ニュースデスク、
    アナウンサー
  • 阿部 夏美
    記者、アナウンサー
  • 斉藤 慎一朗
    記者、ディレクター
  • 埴田 友斗
    記者、ディレクター
  • 太田 朝子
    記者、ディレクター

INCながのニュースはこうして
(ほぼ)毎日作られています。

あくまで一例ですが、私たちのニュース作りが伝わったらうれしいです。

  1. 午前中
    カメラを持って取材先へ!(午前中)

    幼稚園や公民館のイベント、地域のお祭りや被災地での復興に向けた取り組み、
    長野市の記者会見など、長野市内の様々な動きを取材します!

  2. お昼
    会社に戻って原稿作成!(お昼)

    お昼ご飯を食べて、取材した内容をもとに原稿を作成します。
    撮影した映像の編集も同時進行です。

  3. 午後
    映像を編集!(午後)

    デスクの原稿チェックを受けて、完成した原稿に合わせて映像を仕上げます。
    ニュース1本あたり、1分半~2分ほどの長さにまとめ完成!

  4. 夕方
    「INCながのニュース」スタート!(夕方)

    アナウンサーやディレクターが協力し、
    完成した4~5本のニュースを、天気予報などを交えて
    15分番組としてお届けします。

情報センター
太田 朝子
「ニュース見たよ!いいニュースだった」 と感想をもらった時や、取材先から「放送してもらって記念になった」と喜ん でもらえた時が一番嬉しいです。
1つのイベントを取材するといっても、開催に至るまでの準備や、関わる人々 の思い、当日のハプニングなど、伝えたいことはたくさんあります。
それをわずか2分ほどの長さの映像と原稿で表現することが難しいです。
"このエピソードやこだわりも伝えたい!"と、思いが溢れがちで社内からは「ニュースの 尺が長い」と言われることも(汗)
これからも多くの市民と出会って、ケーブルテレビだからこそできる地域密着 の話題を取材していきたいです。

長野市のイベントも
全力でお伝えします

「夏の高校野球 長野大会」 中継

甲子園をめざして奮闘する高校球児の熱い夏を、長野県のケーブルテレビ局約20社が協力し、球場から実況放送!
INCでは地元高校の試合を中心に、1回戦から4回戦は生中継(一部球場を除く)、準々決勝以降は録画放送でお送りします。

長野市最大の夏祭り
「長野びんずる」中継

長野市の夏の風物詩、長野びんずる。
市街地が1年で最も活気づきます。
INCも総力を挙げて放送!
複数のカメラで踊りのスタートから終了まで生中継します。

澄んだ夜空に大輪の花
「長野えびす講煙火大会」中継

明治時代に始まり、"日本で最も美しい晩秋の花火"ともいわれる「長野えびす講煙火大会」。
澄み渡った11月の長野の夜空を彩る約1万発の花火を打ち上げ開始から打ち止めまで生中継!

他にも、長野マラソンや長野県縦断駅伝、市議会や市長選・市議選なども中継しています!

地域とともに。チャンネルINC

災害時の取り組み
お電話でもお気軽にご相談ください。
TEL.026-233-1713
年中無休 9:00〜17:30
TOPへ