INC長野ケーブルテレビ

設置工事方法

新築の戸建住宅をINC対応住宅にする標準的な設置工事方法をご紹介します。

標準的な設置工事例

工事手順

  1. 電柱・電線からケーブル線(光ファイバー)を引き込む
  2. 家の外壁にV-ONUを設置
  3. V-ONUからテレビラインと通信ラインをそれぞれ配線(宅内へ入線)
  4. STB、D-ONU、HGWを設置
  5. 状況に応じてブースター、Wi-Fiルーターなどを設置・接続確認し終了
※INC対応住宅に出来ない場合もございます。詳しくはお問い合わせください。

配線(宅内への入線)について

住宅の構造やテレビ等の接続機器との設置場所により「露出配線」になる場合もございます。また、基本的にはエアコンダクトの穴などに配線を通しますが、条件によっては壁に配線用の穴を開ける場合がございます。

設置機器の説明

  • V-ONU(ブイ・オーエヌユー)

    伝送されてきた信号を電気信号に変換する機器(放送用)

  • D-ONU(ディー・オーエヌユー)

    伝送されてきた信号を電気信号に変換する機器(通信用)

  • HGW(ホームゲートウェイ)

    光ファイバーを使って電話に接続するための機器

  • 分配器

    CATV電波を分配するための機器

  • 分波器

    地上放送とBS放送電波を分ける機器

  • STB(セットトップボックス)

    多チャンネル放送を受信するための機器です。4K放送対応。

加入のご案内 一覧へもどる
お電話でもお気軽にご相談ください。
TEL.026-233-1713
年中無休 9:00〜17:30
TOPへ